株式会社ココペリ

NEWSお知らせ

経営支援プラットフォームBig Advance導入に関する記者会見を開催

川崎信用金庫が2020年7月1日(水)よりサービス開始 中小企業と金融機関のDX(※1)を推進するツールで日本全国の企業とマッチングが可能に

プレスリリース 2020.06.30  |  Big Advance

2020年6月29日(月)、株式会社ココペリ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:近藤繁、以下「ココペリ」)は、川崎信用金庫(本店:神奈川県川崎市、理事長:堤和也)と、「Kawasaki Big Advance」の取扱い開始に関する記者会見を行いました。

(左より、川崎信用金庫 堤和也理事長、ココペリ 近藤繁)

川崎信用金庫 堤 和也 理事長 挨拶抜粋

最初に、新型コロナウィルス感染症による影響についてお話をさせていただきたいと存じます。緊急事態宣言が4月初めに発動され、5月25日に解除された今なお事業者への影響は続いております。当金庫が事業者から受けた相談はこれまでに7千件を超え、多くが融資や返済条件の変更に関わる相談となっています。
当金庫は実質無利息の特別融資などについて積極的にご案内し、認定書の取得から申請書の作成といった事務手続きをワンストップで支援させていただいております。

さて、今回私からはBig Advanceを導入した経緯について、当金庫が進める中小企業経営支援体制と合わせてご説明させていただきます。
川崎信用金庫では、企業の経営を支援する専門部署「お客さまサポート部」を設置し、本部と各支店、行政や様々な支援機関と連携することで、地域経済の活性化やイノベーションの促進に向けた、個別企業の新事業展開を支援しております。
企業の抱える課題解決の方法の一つとしてご提案させていただいているのが、今回の「Kawasaki Big Advance」の導入でございます。本サービスは、金融機関の枠を越えた全国規模のビジネスマッチングからホームページ作成、従業員向けの福利厚生サービス等を提供することにより、お客さまの様々な経営課題解決をサポートするものです。
現在、新型コロナウィルス感染症の影響下においては、在宅やリモート等の活用による経済活動が続いています。本サービスはオンライン上のビジネスマッチングが可能であるため、営業活動に制限のある事業者への提案はコロナ対策にも繋がり、事業者の経営課題解決策の一つとなることを期待しております。
なお、本サービス導入後の7月~9月の3ヶ月間については、事業者様にご負担いただく税込月額3,300円の会費について、無料として取扱い支援を行うことに致します。
最後に、当金庫本部と各支店が一丸となって、本サービスによる事業者支援に積極的に取組んでいくことをお約束して、私の説明を終了させていただきます。

ココペリ 近藤 繁 挨拶抜粋

歴史ある川崎信用金庫様と、「Kawasaki Big Advance」導入の発表をすることができ、大変嬉しく思います。また今回の取組みは、「地域に根ざした新しい金融サービスのカタチ」としても非常に大きな一歩だと感じています。

BigAdvanceには、既に30以上の地域金融機関16,000社以上の中小企業が参加しておりますが、本プラットフォームを活用することにより、地域企業同士あるいは地域企業と日本全国の中小企業がつながり、新しい価値がどんどん生み出され、そして地域がさらに活性化していく、ということが大変期待されます。
現在、新型コロナウィルス感染症の影響で、中小企業の事業は依然として厳しい状況です。そのような状況の中、オンラインであるBig Advance上では、中小企業と金融機関がチャットでコミュニケーションをとったり、多くのビジネスマッチングが実現されていたり、また情報発信のためホームページを作成したりと、中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めるツールとしてもフル活用いただいている状況です。またそのほか、金融機関と一緒になって、もっと何かできることはないかと日々考え、現在は「テーマごとに絞ったビジネスマッチング企画」をBig Advance上で展開しておりまして、一社でも多くの中小企業の成長支援に繋がればと思っております。
最後になりましたが、Kawasaki Big Advanceが「地域企業のインフラ」として進化し続けるため、新しい機能も随時開発してまいりますので、ぜひ今後のBig Advanceにもご期待ください。

Big Advanceビジネスモデルと機能

Big Advanceを導入した金融機関に紐づく中小企業はBig Advance会員になり、プラットフォーム上で金融機関と気軽にチャットでコミュニケーションを取ることができます。全国1万6千社(※2)を超える会員同士でビジネスマッチングや福利厚生の相互提供ができ、さらに参加金融機関が増えることで金融機関や地域の枠を超えて会員同士のつながりを創出できます。

Big Advanceの主なサービス内容

  • ビジネスマッチング
    大手企業や全国の会員企業をつなぎ、ニーズに応じた広域でのマッチングが実現できます
  • オープンイノベーション
    大企業等と連携し、新たな技術やサービス、新事業が創出できます
  • 情報・メディア機能
    地域に応じた補助金・助成金の情報を提供します
  • ホームページ作成機能
    自社のホームページを簡単に作成できます
  • 従業員さま向け福利厚生
    会員企業の従業員さま向けに、地元や全国で利用できるクーポンなどを提供します
  • 士業相談
    専門家に法律や経営の課題を相談できます
  • チャット
    社内の情報共有・金融機関とのコミュニケーションに活用できます

(※1)・・・デジタルトランスフォーメーション
(※2)・・・2020年6月1日時点のBig Advance参加中小企業数

今後について

今後Big Advanceは既存機能のビジネスチャット、安否確認サービスのアプリ化を予定しています。当社のBig Advanceを始めとするサービスは順調に拡大しており、サービス間の連携強化を進め、ユーザーファーストのプラットフォームを構築していく方針です。
Big Advanceは、2020年度中に合計50金融機関への導入・3年以内に10万社の中小企業に活用いただき、あらゆる企業活動のデジタルトランスフォーメーションの実現と考え、日本ビジネスの中心がBig Advanceに移行することを目指しています。

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

広報:今安 彩子
TEL:03-6261-4091
FAX:03-6261-4092
E-mail:imayasu_ayako@kokopelli-inc.jp

【サービスに関するお問合せ】

ソリューション事業部
TEL:03-6261-4093
FAX:03-6261-4092
E-mail:info@bigadvance.app