BLOG

KOKOPELLIブログ

【ユーザーインタビュー】Big Advanceは営業担当が寄り添ってくれるようなサービス | 有限会社 小張精米店

2021.10.07  |  プロダクト 

2合の米をギフト用にパッケージ化した商品で2016年度グッドデザイン賞を受賞!!米ぬかを使った温熱・冷感パッド、クッキーを開発するなど一味違った有限会社 小張精米店。
小さな企業が販路拡大をすることが難しかったと話す小張正就さんに、Big Advanceの導入経緯やコロナ禍における販路拡大の悩みなどをお聞きしました。

ーー Big Advanceへの加入経緯を教えてください

金融機関の営業担当の方からの紹介で加入しました。正直最初からすごく期待していたわけではないのですが、販路拡大ができたらなと思っていた時期だったので始めてみたんです。
最初は「商品を買いたい」マッチングニーズがどんなものがあるかを調べましたね。加入後も「こんなニーズはどうですか?」と提案してくださったりと、少しづつ操作にも慣れていきました。 私たちのような小さな会社がいきなり飛び込み営業って難しいじゃないですか。そんな時に金融機関さんが間に入ってくれて紹介してくださって、お互いに一定の信頼がある状態でお話ができるというのはとても助かります。

▲ 有限会社 小張精米店 代表取締役 小張 正就さま

ーー Big Advanceで良い出会いはありましたか

Big Advanceのビジネスマッチングでは、全国10社の企業さんとお話しました。
こちらからマッチングを申し込んだのは6件、そのうち2件は成約となって今もお付き合いが続いています。
相手企業からのマッチング依頼を受けたのが4件です。そのうち1件は今もお付き合いがあって本当に助かっています。
今も商談が続いている企業もあります。

千葉県のECサイト運営会社さんにはお菓子、愛知県の健康食品の会社さんには温熱パッドを販売しています。
商品の取引だけではなく、業務提携や新商品の開発も一緒にしていますね。私たちにはなかったアイディアをいただいて、試してみるとうまくいったり、商品の幅が広がったり。
元々のマッチングニーズで成約するだけではなく、こういった付加価値があるのがいいですね。
例えば、弊社の米ぬかクッキーという商品の新しいフレーバー案をいただいて試作品を作ったりしました。そのおかげで、シナモン・ココア・ソルトと展開が広がりましたね。一番人気はココア・ソルトでしょうか。

▲ 手前:温熱パッド、奥:米ぬかクッキー

▲ 「精米工場に隣接した事務所」として入りにくかった空間を、明るくて入りやすい雰囲気の店舗にリノベーション

ーー Big Advanceを使ってみていかがでしたか

Big Advanceを使ってみて、地域の広がりがあることが素晴らしいと思いました。地域の中だけだと、どうしても同じエリア内で戦ったり、スーパーの陳列棚を空けてもらってそこに入るとかそういったことで疲弊してしまいます。
大きくはないけれど、同じ規模やこれから開拓したいという気持ちの会社さん同士がお互いの弱い部分を補完しあえるように使っていましたね。目線が合うという意味ではとてもいい出会いがあったと思いますし、一緒に何かを作っていく仲間のような気持ちになれて嬉しくなります。
お菓子の包装紙や化粧箱もBig Advanceのマッチングで出会った会社さんにお願いしました。費用がかなり抑えられましたし、今も相談に乗っていただいています。 大手の会社さんとお話した際に、お菓子の管理や倉庫の管理などとても丁寧に教えていただいたことがあったんです。こんなにじっくり教えてもらえるとは思っていませんでした。他にも成約にはならなかったとしても、可能性を考えてくれたりアドバイスを下さる方々ばかりです。それは金融機関さんがいてくれるからだと思います。
私たちが新しく営業担当を雇用して開拓することって、なかなか現実的には難しいんですよね。Big Advanceがあれば、毎月低価格で営業担当を一人採用したと同じことが言えると思います。
Big Advanceはあっという間に登録企業が増えていくので、また良い出会いがあると嬉しいですね。

ご協力いただいた企業さま

会社名:有限会社 小張精米店
代表取締役:小張 正就

HP:http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kobariseimaiten/

中小企業向け経営支援プラットフォーム Big Advanceについて

more