BLOG

KOKOPELLIブログ

【ココペリメンバー】楽天出身 一人目プロダクトマネージャーが目指す日本の活性化

2021.04.13  |  ココペリについて 採用 

ココペリ初めてのプロダクトマネージャーとして入社した森 哲也。
ベンチャーから大手までを経験し、「日本を活気付ける」を実現するためココペリに入社。
森のキャリアとビジョンを聞きました。

ーー 入社して4ヶ月経ちましたが慣れましたか?業務やチームのことを教えてください

入社してからこの3ヶ月が本当にあっという間で、振り返ると入社日のday1が昨日のように思い出せます。
右も左もわからないなか、走りきった3ヶ月でした。
まだまだ業界やサービス特性において学ぶことはありますが、新しい環境に慣れてチームとの連携も図れていると思います。

Big Advanceのプロダクトマネージャーを担当しています。
弊社には複数プロダクトがあって、AIチームなど幅広いメンバーと会話する機会があります。
それぞれの専門性が高いので、年齢に関係なく開発チームのメンバーから勉強させてもらっています。

プロダクトマネージャーとして、メンバーとは同じ方向を向いていたいと思っています。
方向性を揃えるために、やるべきことやBig Advanceの将来の方向性をみんなに話していくことを繰り返していますね。

ーー 入社する前はどんなお仕事してました?

新卒で楽天のDevOpsエンジニアとしてキャリアをスタートさせて、国内EC、海外ECを担当しコンテナプラットフォームをスクラッチでつくったり、インドにいって新しいチームを立ち上げたりマネージメントに携わっていました。

その後プロダクトマネージャーに転身してベンチャー、ファーストリテイリングへ転職して、Stylehint (CtoC新規サービス)、EC 価格計算、ユニクロIQ (チャットボット)を担当してきました。

ココペリで達成できる社会貢献の大きさにワクワクしたのが入社の決め手

ーー ココペリに入社を決めた理由を教えてください

もともと新卒で勤めた会社が、「日本をECで盛り上げよう」というビジョンを掲げていました。
改めて次に転職する時は、「社会に貢献ができて日本を活気付けることがしたいな」と漠然と考えていたんです。

そんな中、ココペリの面接を受けたんですけど、
圧倒的に優位なポジションや唯一無二のビジネスモデルに驚愕して、この会社であれば本気で日本を活気付けることができる!と思えたから入社を決意しました。

具体的に言うと、現在60以上の金融機関とパートナーシップを結んでいるのですが、
それによって全国350万社の中小企業にBig Advanceを届けることができます。これは他社には真似ができないレベルです。
今までなかなか光が当たらなかった中小企業の真の価値を表面化させることで、新たなイノベーションが起こり、それが最終的に日本全体の生産性(GDP)向上につながります。

実は、複数の会社からオファーもらっていて悩んだのですが、
ココペリで達成できる社会貢献の大きさにワクワクしたのが決め手で、僕は今ここにいます。

ーー ココペリでのお仕事内容を教えてください

1人目のプロダクトマネージャーとして入社したこともあって、幅広く担当させていただいています。

BigAdvanceサービスやその他プロダクトに関するキャッチアップをはじめ、プロダクトマネージメントという機能を組織に定着させるための業務や採用活動も行っています。
開発チームとスプリントの進捗や何を開発するかを話し、CSやソリューションチームからのプロダクト改善案についての仕様検討もしています。

時間軸が長い話でいうと、プロダクトとしての方向性やロードマップの作成にも携わっています。

プロダクトマネージャーは、広義で「プロダクトのミニCEO」と呼ばれています。
僕の考えるプロダクトの成功は、「エンドユーザーに価値を届ける、社会貢献をすること」です。
プロダクを成功に導くためにユーザーを観察し課題の解像度を高めることが、何より大事だと考えています。
定量的なデータ分析も大事ですが、分析の切り口にバイアスがかかっていることもあるので、ユーザーの生の声に耳を傾けることが、必要だと思います。

また課題解消を推進するにあたって組織に足りないピースがあればそれを埋めて行く必要もあるので、分け隔てなく関わることを大切にしています。なので業務も幅広いですね。笑

ーー Big Advanceをどういうサービスにしていきたいですか?

いま、中小企業の価値って社会で表現されていないと思うんです。
大企業は上場や株価で判断されるじゃないですか。
Big Advanceを使っているから中小企業の価値が上がって、その価値を社会の中で表現ができる状態にしたいですね。

ーー 一緒に働く仲間やチームワークはどうですか?

特にエンジニアとはリモートで仕事する比率が高いですね。
対面ではないですが、毎日コミュニケーションをとっていることもあってチームワークはいいです。
雑談もしたりして、仲良くさせてもらっています。

ーー ココペリってどんな会社?好きなところは?

組織もプロダクトも成長途中なので、「やってみたい!」ということがあれば、チャレンジできる環境があることですね。
毎日変化があるのは楽しいです。

働き方が柔軟であることも、子供がいるので助かっています。
(あと初日に遅刻して許してくれたところ。遅刻してすみません。笑)

ーー 今後チャレンジしたいことや、目指すキャリアを教えてください

入社を決定づけた「日本を活気付けること」にチャレンジし続けたいです。
そのためにはエンドユーザである中小企業に寄り添って、長く使ってもらえるプロダクトをつくることが近道だと思っています。
組織作りにも興味があるので、そのあたりも力を入れていきたいですね。

キャリアのゴールは、「自らサービスをつくって、社会貢献すること」です。

千里の道も一歩からと言う通り、目標に向けて日々こつこつと自分のできることを精一杯やっていきたいと思います。

プロダクトも組織もこれからググッと成長していけるタイミングです。
僕たちと一緒に未来のココペリを創っていく仲間を探しています!
カジュアル面談からでも構いませんのでぜひお話ししましょう!

エントリーはこちらから

more